第一便

2017年05月05日

これまでも、周囲には少しずつお伝えしてきましたが、懸案の消防署、保健所への許可申請もなんとか目安がつき、今日からひろく皆さんに情報発信をおこなうことが出来るようになりました。手近なFB発信から手をつけましたが、たくさんの方がたが拡散に手を貸して下さり、あわせてうれしい激励の言葉をいただきました。WHARFでいったいどんな活動が始まり、ここで誰と出会い、何が生まれ、羽ばたいていくのか。大いなる期待と不安、そしてちょっぴり「にやり」。そうなんです、いまここですべてを投げ出す爽快感。二十代の頃の「新鮮な失敗」に向かって、ぶらりと出発です。とは言え、五十年前とは頭の血のめぐりも足腰も大違い。折に触れてのお知恵拝借やご同行、どうかよろしくお願いいたします!(信)