港 横浜

2017年06月11日

『影と影との影』、開幕前の舞台にマイク片手にひとり佇んでいるのは、そう、あの人です。WAKABACHO WHARFは、大岡川と伊勢崎モールにはさまれた「中州」のような位置にあります。モールに出て、関内駅方向に少し歩いて行くと、この人、あの歌の石碑に出会います。碑の下の赤いボタンを押せば、懐かしいメロディと一世を風靡した昭和の吐息が聞こえてくるという仕掛け。劇場の行き帰りのお楽しみに、是非、お試し下さい。開場記念公演、明日はいよいよ最後のステージ、月曜日の夜、若葉町でお待ちしています。ご予約、よろしくお願いたします。