若葉町ウォーフ

大岡川のほとり 伊勢崎モールの並び

横浜若葉町に

出会いのための「波止場」誕生

WHARF 01 劇場

変幻自在なホワイトボックス

WHARF 02 スタジオ

緑の床の明るいスタジオ

WHARF INN 宿

清潔なベッドとキッチンつきラウンジ

宿は宿だけではつまらない

スタジオはスタジオだけではつまらない

劇場は劇場だけではつまらない


WAKABACHO WHARF

公式サイトを公開しました!

催し物、施設のご案内、施設のご利用のお申し込み、その他いろいろ。よろしくお願いいたします。

ご利用は下記ボタンから↓


WHARF blog

黒田オサム(くろだ・おさむ 1931年~)
美術家(パフォーマー)
1931年、群馬県桐生市で生まれた黒田の美術家としての道のりは、その不可解さから半ば伝説化している。自筆年譜によると「1938年 子供心に画家になることを決意、紙芝居屋のヨッチャンに師事。1945年 戦後自由な発想によるアバンギャルドな美術、オドリ等に熱中。1953年 カメちゃん等と乞食(ホイト)芸をおこない山谷を中心に底辺をさまよう。1988年 舞踏家ドンちゃんに見出される」。

若葉町ウォーフの変幻自在なホワイトボックス、WHARF01を使ってみませんか? 10月に予定されていた大型企画が延期となり、この機会にお試しご利用いただくために、一日20,000円(冷暖房光熱費、照明、音響設備込み/税別)の格安特別料金で公開します。ふるってご利用下さい。

出会いの場所

2017年08月27日

二週間、WHARFに滞在して『絶対飛行機』リハーサル、上演をおこなった香港+東京の「絶対的」チーム。27日(日)、満員の客席の拍手に包まれて五年間つづけてきた作業の最終versionを無事打ち上げました。劇場、宿舎、宿が一体となった施設ならではの感触にようやく手が触れたかなという思いです。写真は、到着間近の彼らと現在開催中の「黄金町バザール」で来日している台湾アーチストとの交換パーティの様子です(WHARF...


電話 045-315-6025

E-mail info.wharf01@gmail.com

神奈川県横浜市中区若葉町3-47-1

WAKABACHO WHARF 若葉町ウォーフ

一般社団法人横浜若葉町計画

share

分かち合うということ

networking

個人的な繋がりを丁寧に結び合わせ 広げていくということ

transboundary

境界(国、世代、ジャンル、伝統と現代)を越えるということ

人が集まる 人が出会う 人がつながる

事が生まれる 事が育つ 事が伝わる